NISAの投資スタイル

2018.03.31 Saturday

0

    日経平均大暴落等の影響で、少し期間が空いてしまいましたが、前回の記事、『NISAのメリットデメリット』の第二部

    『NISAの投資スタイル』を掲載させていただきます。

     

    NISA

     

    まだ、見られていない方は、先にそちらを見ていただければと思います。

     

     

    今回は、NISAでの投資をする際の私なりのスタイルについてご紹介させていただきます。

     

     

    …拘保有を前提とする

     

    値動き、配当の安定している銘柄でインカムゲインを狙う

     

    D祕未寮長株でキャピタルゲインを狙う

     

    まず、,任垢、そもそもNISAが制度の思惑として、

    個人的には投資家に、

    投資してほしい、

    長期保有してほしい、

    の前提で作られていますので、致し方無いかと。

    (ここらへんの話は、前回の記事、『NISAのメリット、デメリット』に記載させて頂いています。)

     

    ,鯀按鵑箸靴董↓◆↓はインカムゲイン、キャピタルゲイン、それぞれのスタイルについてです。

     

     

    念のための補足ですが

    インカムゲイン=配当金、優待による収入

    キャピタルゲイン=株式売却による収入

    です

     

    △砲弔い討蓮長期保有を前提としていますので、利回りの高さよりも、

    配当、増配が継続的に行われていること

    値動きが比較的安定していること

    を重視します。

    (とは言え、最低でも、総合利回り2%以上にはスクリーニングしますが)

     

    基準としては直近5〜10年位のデータを元に判断するようにしています。

     

    あまり、直近だけを見てしまうと、比較的株式市場が好調な期間だけを見てしまうので、

    長期運用の観点では正しい判断が出来ないと考えるからです。

     

    リーマンショック等、所謂世界的な金融危機の状態に陥った際の影響を推測するためです。

     

    当時は日経平均が6,000円台まで落ち込む程の壊滅的な状態でした。

     

    なので、株価は落ち込んでいて当たり前ですが、その落ち込み幅と、配当状況(減配、無配)に重きを置いています。

     

    私は2018/1から投資を始めました。

    2018/3/31現在、既に3度に渡り暴落しています(笑)

     

    が、無配、減配さえ無ければ、株価については、短期的な観点はあまり気にしていないです。

     

    は、簡単に言うと低位株(安い株)を買って、株価が上がるのを待ってから売るスタンスです。

     

    成長株はグロース株とも言われていて、企業の売上や利益の成長が見込めて、将来的に大きく株価が上昇することが期待出来る株のことです。

     

    逆に現時点では、知名度、業績共に低く、無配で有ることも珍しくなく、株価も100円未満で有ることが多いです。

     

    ただ、増収、増益やシェアの確保をしていけば、

    気がつけば株価が10倍以上になっていることも珍しくありません。

     

    テンバガーと言えば聞いたことがある人も多いのでは無いでしょうか。

     

    気を付けないといけないのは、本当に将来性が有るかを見ておかないと、企業が潰れてしまう可能性が有るのが低位株の怖いところです。

     

    長くなりましたが、NISAの私の投資スタイルを紹介させて頂きました。

     

    ※投資はあくまで自己責任でお願い致します。

    色んな方の考え方を参考にさせて頂いています。

    日経平均大幅続伸!すかいらーく(3197)も復調の兆しか。

    2018.03.30 Friday

    0

      本日は私の会社の年度末と言うことで、仕事の方も、普段より事務作業が多かったです。

       

      さて、日経平均は大幅続伸の前日比+295円で商いを終えています。

      見ていて安心のできる展開でした。

       

       

      私の所有銘柄も軒並み上がっており、

      度重なる暴落で受けた深い傷も癒えつつ有ります(笑)

       

      含み益の常態になっている銘柄も徐々に増えてきていますが、まだまだ、含み損の銘柄も有ります…

       

      しかし、そんな銘柄も値動きは悪くないので、今後に期待しています。

       

      中でも、大きく下落して、記事にもさせて頂いたすかいらーく(3197)も、最近は安定して値を戻していっています。

      (別記事、『すかいらーくショック』を参照)

       

       

      優待目当てで購入した直後に、どんどん値を下げて、一時は200円近く値を下げていましたが、最近は100円以上戻してくれております。

       

      株主総会で、優待の継続も発表されたそうですし、しばらくは安心出来るのでは無いでしょうか。

       

      ※投資はあくまで自己責任でお願い致します。

      色んな方の考え方を参考にさせて頂いています。

       

      にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
      にほんブログ村

       


      株式ランキングへ

       

       

      ディア・ライフ(3245) 銘柄・株主優待情報

      2018.03.30 Friday

      0

        株主優待・銘柄情報を発信させて頂きます。

        (保有銘柄です)

         

        今回は、不動産事業を主に手掛けているディア・ライフです。


        ディア・ライフ(3245)

        ■銘柄基本情報

        (2018/3/29終値時点)

        株価(1株):521円

        (取得時株価:493円)

        配当(1株):19円(3.64%)

        株主優待:100株

         

        1,000円分のQuoカード(1.91%)

        1,000株:3,000円分のQuoカード

        5,000株:10,000円分のQuoガード

        10,000株:10,000円分のQuoカード

                 10,000円分のカタログギフト

        ※保有期間2年以上で追加有り。

          (10,000株以上のみ)

         

        保有株数による優待の追加が段階的に有ります。

        流石に100株が一番優待利回りは良いですが、そもそもの配当利回りも良いので、

        追加は嬉しいですね。

         

        権利確定月:9月

         

        個人的な銘柄選定ポイントは下記です。

        50,000円前後で購入可能

        配当が3.5%以上

        3主優待が使い勝手の良いQuoカード

        ち躪舁回りが約5.5%

         

        驚異の総合利回りですが、これは、今年に入ってからの3度に渡る暴落の影響であり、2018/1には、株価は700円を超えていました。

         

         

        トランプ関税ショックで値を下げたタイミングで購入した銘柄の内の1つです。

        値を戻し始めていますが、まだまだ値頃感が有りますね。

         

        ※投資はあくまで自己責任でお願い致します

         

        色んな方の考え方を参考にさせて頂いています。

         

        にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
        にほんブログ村

         


        株式ランキングへ

         

         

        様子見相場、JT(2914)はこのまま復活するのか

        2018.03.29 Thursday

        0

          本日の日経平均は前場から反発で始まりましたが、様子見の気配が強く、かなり上値が重かったですね。


          それでも終盤に下げた後にも、持ち直して最終的に、プラスで終われたのは好感が持てます。


          明日から、海外市場が少しの間お休みと言うことで、様子見相場が続きそうです。


          個人的な見所としては、

          JT(2914)がしっかりと+14となり、3,035円。


          何と、これで5連騰です。

          このまま復活となるでしょうか。



          3,500円台位まで上げてくれれば、かなりの含み益銘柄になってくれます。


          今回の大暴落の要因の1つである海外企業の買収ですが、過去にもJTは同じ理由で値を下げています。


          2015/9末に米国の企業を6,000億円で買収すると発表した際です。

          何と今回のロシア企業買収の1,900億円の3倍です。



          チャートを見ていただくと分かるのですが、

          4,300円台から3,700円台迄一気に値を落としています。


          今回と同じ様な展開ですね。

          そして、注目は、


          その翌月に一気に4,200円台迄回復しております。


          更に言うと、


          その翌月には、下落前の株価よりも更に高くなっています。


          全く同じ展開になるかは分かりませんが、少なくとも直近では、再度2,800円を割り込むような下落をすることは無いのではと思います。


          ※投資はあくまで自己責任でお願い致します。


          色んな方の考え方を参考にさせて頂いています。


          にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
          にほんブログ村



          株式ランキングへ


          銘柄・株主優待情報 エリアクエスト(8912) 株主優待制度導入

          2018.03.29 Thursday

          0

            日経平均大暴落等の影響で、少し期間が空いてしまいましたが、銘柄・株主優待情報発信させて頂きます。

             

            今回は、2018/3に株主優待制度導入を発表した

            エリアクエスト(8912)です。

            引用元:エリアクエスト公式サイトより

             

            主な事業内容は、ビルの経営支援(テナント誘致等)です。

            首都圏駅前店舗物件シェアNo1とのことです。

            (そういう分野があったことを初めて知りましたが(笑))

             

             

            エリアクエスト(8912)

            ■銘柄基本情報

            (2018/3/28終値時点)

            株価(1株):262円

            (取得時株価:264円)

            配当(1株):2円(0.76%)

            株主優待:)瑤廊△匹舛蕕

            1,000円分のQuoカード(3.81%)

            2,000円分の食事券(7.63%)

            権利確定月:6月

             

            30,000円未満で単元株を取得できるので、投資を始めたばかりの方や、優待好きの方には嬉しいです。

             

            配当金はかなり控え目ですが、

            優待利回りは驚異の7%超えです!

            (総合利回りだと8%超えです)

             

            食事券優待の雄、すかいらーくでも必要投資金額152,400円 、優待6,000円(3.93%)なので、その高さが分かります。

            (株価、優待内容は2018/3/28現在)

             

             

             

             

            しかし、食事券優待で重要なポイントは

            『どこで使えるの?』

            と言うことです。

             

            調べた所、下記でした。

            一都三県の駅前提携店舗約70店予定
            (居酒屋・中華料理店・丼店・靴販売店など)

            引用元:エリアクエスト公式サイトより

             

            はい、まだはっきり分かりませんね(笑)

             

            しかも、『靴販売店』はどう言うことでしょうか(笑)靴は食べれない(笑)

             

            サラリーマン投資家としては、駅前の居酒屋、中華料理店、丼店で使えれば、十分使えますが。

             

            また、使い勝手の良い、Quoカード1,000円分を選択しても、総合利回りは約4.5%有りますのでかなり優秀です。

             

            普通、30,000円未満の銘柄だと500円のQuoカードが大半です。

            おおむね40,000円〜100,000円前後の銘柄だと1,000円のQuoカードが貰える場合が有ります。

             

            別記事に掲載させていただきましたが、優待制度を導入する会社は、年々増加しています。

             

            単に優待制度導入しただけでは、差別化が難しい

            と言うことも背景に有るからかもしれませんね。

             

            なお、直近の業績も好調の様ですので、今後にも期待が出来そうです。

            ただ、かなりの好条件ですので、逆に今後業績が悪化した際には、即優待改悪のケースも十分に考えられますのでご注意下さい。

             

            貿易戦争懸念の日経平均暴落で値を下げた後なので、6月権利銘柄ですし、購入するには良いタイミングでは無いかと思います。

             

            ※投資はあくまで自己責任でお願い致します。

            色んな方の考え方を参考にさせて頂いています。

            にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
            にほんブログ村