すかいらーくショック

2018.03.14 Wednesday

0


    すかいらーく(3197)


    ■銘柄基本情報

    (2018/3/13終値時点)

    株価(1株):1,489円

    配当(1株):38円(2.55%)

    株主優待:優待食事券3,000円相当×2回


    すかいらーくはそこそこの配当と、ぶっちぎりの株主優待が特長の銘柄です。

    元々株主優待は2,000円分の優待食事券だったのが2017年に3倍増の6,000円となり、株価が高騰したらしいです。

    何せ、総合利回りは6%を越える超高利回り銘柄です。


    その後、大株主が売却を発表したりとかでゴタゴタしたそうですが、1,600〜1,700円程度の株価で推移していました。


    1,602円となっていたタイミングで、安値になっていると判断して購入しました。

    NISAを始めてから初の1,000円越えの銘柄購入だった為、チャレンジでした。


    その後、記憶に新しい1月〜2月にかけての日経全面安の暴落にてすかいらーくも例に漏れず暴落しました。

    2/9  1,540円迄暴落


    通常の株式投資で有れば損切りしても良いくらいですが、NISAなので基本的は長期投資の運用スタイルです。


    まだ利回り、株主優待の総合利回りを考えると年間ではプラスとなっていました。

    また、1月〜2月の暴落は日本経済の状況が悪い訳では無かった為、その内反発するだろうと思い、そんなに焦ってはいませんでした。


    しかし、ここで私は損切りの偉大さと、『どこまで下がるかを見通すことの難しさ』を思いしるのでした。。


    2/13 1,425円迄暴落

    ※ここからは私の主観になるので間違っている可能性も多大に有ります。


    1月〜2月にかけての暴落の時期なので他の銘柄も下げていましたが、群を抜いての暴落でした。


    この暴落の大きな要因は、決算発表に有りました。

    売上高は増加しているものの、利益が大きく減少している。


    しかもその要因が株主優待の拡充に伴う経費と受け止められたんでは無いでしょうか。

    その為、今後株主優待が縮小されるのではという懸念から売りが先行したと私は受け取っています。

    元々、株主優待優待目当てで購入している状態で、株価が暴落して、更に優待も縮小されるかもしれなければ手放すのも分かります。


    含み損の主要な原因となってしまっているすかいらーくですが、今後株主優待の継続がはっきりすれば白黒はっきりついてくるかと思います。


    他の銘柄がほとんど+に転じてくれているので近日中には含み損から含み益に転じれるかと思います。

    言うまでも無いことですが、分散投資って大事ですね。


    今後は、保有してい銘柄情報、注目銘柄情報も発信していければと思います。

    ※投資はあくまで自己責任でお願い致します。


    応援して頂けると励みになります!

    にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
    にほんブログ村


    にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
    にほんブログ村