【絶叫】レカム(3323)ジェットコースター

2020.07.10 Friday

0

    JUGEMテーマ:株・投資

    お疲れ様です。

     

     

    遂に東京のコロナ新規感染者が224人と

     

    200人を超えてしまいました。

     

    1日の新規感染者としては過去最高とのことです。

     

     

     

    先日の記事にて東京のコロナ新規感染者が

     

    200人を超えれば何かしらの動きがあるのではと

     

    記載させて頂きましたが政府からは

     

    まさかの0回答でした。

     

     

     

     

    菅さんは『直ちに緊急事態宣言を

     

    発出する状況に無い。』として、

     

    本日より予定通り

     

    イベントの開催制限も

     

    緩和するとのことです。

     

     

     

     

     

    まず、じゃあどういう状況になったら

     

    緊急事態宣言を発出するのか?

     

    また、緊急事態宣言を発出しないのと

     

    イベント緩和するかどうかは別問題じゃないか?

     

    と思っております。

     

     

    新規感染者には無症状感染者も

     

    多く含まれるとの発表ですが

     

    じゃあ無症状の人が

     

    緩和されたイベントに行ったら

     

    一気に大規模クラスターに

     

    なるんじゃ無いでしょうか?

     

     

     

    と、いつもにもまして前置きが

     

    長くなってしまいました。

     

    失礼しました。

     

     

     

    先日レカム(3323)の高騰第2波が来たと

     

    お伝えさせて頂きました。 

     

    その後どうなったかと言いますと、、

     

     

    絵に書いた様なジェットコースターです。

     

    これは最早レカム(3323)名物と

     

    言っても過言では無いです。

     

     

    先日の記事でも記載させて頂きましたが

     

    レカム(3323)では、不定期で材料が出ては高騰して

     

    ジェットコースターを繰り返すという

     

    特徴が有ります。

     

     

    しかも、高騰からのジェットコースターになる

     

    間隔がまちまちで長ければ数日ですが

     

    早ければPTSだけ高騰して翌日寄り付きから

     

    ジェットコースターになるということも有ります。

     

    はい、初めてインした時に

     

    PTSジェットコースターを

     

    頂戴致しました。

     

     

     

    これはレカム(3323)が個人では

     

    信用買いは出来るけど空売り出来ず

     

    機関は空売り可能というところが

     

    大きく関連していると言われています。

     

     

     

    材料が出たタイミングで個人が信用買いを行い

     

    機関が大幅な空売りを仕掛けてきて

     

    個人が追証祭りに追い込まれ剥がれていく様です。

     

    また、レカム(3323)には他にもえげつない

     

    下落要因があったのですが

     

    直近でようやくそれは解消されました。

     

     

    私は現物オンリーなのでジェットコースターの

     

    タイミングでナンピンを行い

     

    次の高騰を待つというスタイルで

     

    何とか生還出来ました。

     

     

    既にレカム(3323)とは複数年のお付き合いを

     

    させて頂いており、注視しながら

     

    また含み損地獄に墜ちないように

     

    投資を続けて行きたいと思います。

     

    ※投資はあくまで自己責任でお願い致します。

    にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
    にほんブログ村

     


    サラリーマン投資家ランキング

     

    コメント
    コメントする