【コロナ第2波】米国株式状況。厳しい状況です。

2020.06.27 Saturday

0

    JUGEMテーマ:株・投資

    お疲れ様です。

     

    皆様如何お過ごしでしょうか。

     

    日本では未だに東京でコンスタントに

    コロナの新規感染者がで続けており

    東京に関しては第2波と言うより

    まだ第1波が終息していない気がします。

     

    毎日4,50人もの新規感染者が出ているのに

    緊急事態宣言も東京アラートも出さないのは

    何故でしょうか。。

     

    いっそのこと

    『経済への影響を考慮して発動できない』

    位は言ってくれれば納得出来るかは別として

    腑には落ちるのですが。

     

     

     

     

     

    前置きが長くなりましたが、タイトルの件

    久し振りに米国株式の状況をご報告させて頂きます。

     

    米国については既に第2波と思われる

    大規模感染が起きており

    市場にも大きな影響が出ております。

     

     

    特に報告しておりませんでしたが

    私が保有している米国株式については

    コロナショック後のコロナバブルで

    早々にプラスに持ち直していたのですが

    ここ最近の第2波懸念の暴落により

    再びマイナス圏に沈んでおります。。

     

     

    6月上旬にはプラス1,300ドル程の

    含み益になっていたので

    ここ一、二週間程で3,600ドル程下落しています。

    国内株式が持ち直してくれていなかったら

    精神的にも厳しい状況でした。。

     

    コロナ懸念についてはコロナの状況次第なところは

    有りますが1日も早いコロナの終息と

    市場の復活を祈っております。

     

    ※投資はあくまで自己責任でお願い致します。

    ブログランキングに参加させて頂いています。

    クリックで応援宜しくお願い致します。

     

    にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
    にほんブログ村

     


    サラリーマン投資家ランキング

     

     

    コメント
    コメントする